大楠道代

映画「ジャージの二人」で謎のお隣さん・遠山さんを演じた大楠道代は、中国・天津出身の女優です。1980年の映画「ツィゴイネルワイゼン」で日本アカデミー賞を受賞した経験を持つ、日本を代表する名女優です。主役を演じることはほとんどありませんが、様々な映画で個性的な脇役として存在感のある演技を見せています。

映画が観たい!

プロフィール

1946年2月27日生まれ。武庫川女子大学付属中学校・高等学校を経て、武庫川学院短期大学国文科に進学。1964年、大学在学中に日活にスカウトされ、在学のまま吉永小百合主演の映画「風と樹と空と」で本名の安田道代の名前デビューします。翌年、知人に勝新太郎を紹介され、勝にその才能を惚れこまれて大映と正式に契約を結びます。これをきっかけに短大を中退し、本格的に女優としての道を歩むこととなりました。大映宣伝部では「山本富士子の再来」と大々的に売り出しました。入社第1作は若尾文子主演の「処女が見た」で、勝の実兄の城健三朗(若山富三郎)と共演しました。これが成功し、スター女優として歩みだします。1967年「痴人の愛」でナオミ役を演じたのをきっかけに、青春スター路線から異色演技派女優へと転身します。1968年から1969年にかけて低予算の「秘録おんな」シリーズ、「関東おんな」シリーズなどの「エログロ・異色時代劇路線」と呼ばれる一連のシリーズに主演します。また一方で「悪名」シリーズや「兵隊やくざ」シリーズで勝新太郎、「新書・忍びの者」では市川雷蔵の相手役を演じました。大映の経営が傾くなか、官能路線からくノ一役まで、さまざまな役をこなしました。1969年の「笹笛お紋」では女版「木枯らし紋次郎」、同じく1969年の「女左膳濡れ燕片手斬り」では女版「丹下左膳」を演じています。1968年にタイの首都バンコクで開催された「バンコク日本映画週間」には女優陣の一人として出席を果たします。このときの女優陣は他に、いしだあゆみ、大原麗子、早瀬久美、山本陽子が居ました。初日には同国のプミポン国王とシリキット王妃が出席し、「日本のいちばん長い日」を鑑賞しました。1976年に日本のデザイナー・ブランドの先駆けである「ビギ」の設立者のひとりである大楠裕二と結婚し、芸名も大楠道代に改名しました。1980年代のビギの全盛期には、ほとんど女優活動をしていない道代が、ビギの役員であるため俳優タレント部門の長者番付の上位に並ぶこととなりました。1980年に公開された鈴木清順監督の映画「ツィゴイネルワイゼン」で日本アカデミー賞ほか数多くの映画賞を獲得しました。その後も「陽炎座」、「親鸞 白い道」などの作品に出演し、演技派女優としての地位を不動のものにしました。近年は北野武、阪本順治、荒戸源次郎、行定勲などの映画監督の映画に出演しています。

出演作

映画

  • 1964年「風と樹と空と」
  • 1965年「座頭市 海を渡る」
  • 1965年「兵隊やくざ 大脱走」
  • 1965年「新書・忍びの者」
  • 1966年「処女が見た」
  • 1966年「殿方御用心」
  • 1966年「私は負けない」
  • 1966年「小さい逃亡者」
  • 1966年「野菊のごとき君なりき」
  • 1966年「氷点」
  • 1967年「三匹の女賭博師」
  • 1967年「痴人の愛」
  • 1967年「ひき裂かれた盛装」
  • 1967年「陸軍中野学校 竜三号指令」
  • 1967年「若い時計台」
  • 1968年「秘録おんな牢」
  • 1968年「セックス・チェック 第二の性」
  • 1968年「秘蔵おんな蔵」
  • 1968年「関東おんなやくざ」
  • 1968年「尼くずれ」
  • 1968年「続・秘録おんな牢」
  • 1968年「女賭博師みだれ壺」
  • 1968年「悪名十八番」
  • 1969年「悪名一番勝負」
  • 1969年「秘録おんな寺」
  • 1969年「笹笛お紋」
  • 1969年「関東おんなやくざ」
  • 1969年「出獄四十八時間」
  • 1969年「関東おんな極道」
  • 1969年「女左膳 濡れ燕片手斬り」
  • 1970年「おんな極悪帖」
  • 1970年「博奕打ち いのち札」
  • 1970年「忍びの衆」
  • 1971年「新女賭博師 壺ぐれ肌」
  • 1972年「新兵隊やくざ 火線」
  • 1973年「子連れ狼 冥府魔道」
  • 1974年「喜劇 だましの仁義」
  • 1974年「金環蝕」
  • 1980年「ニッポン警視庁の恥といわれた二人 刑事珍道中」
  • 1980年「ツィゴイネルワイゼン」
  • 1981年「陽炎座」
  • 1984年「ロケーション」
  • 1987年「親鸞 白い道」
  • 1987年「ベッドタイムアイズ」
  • 1987年「BU・SU」
  • 1990年「鉄拳」
  • 1991年「夢二」
  • 1998年「愚か者 傷だらけの天使」
  • 2000年「顔」
  • 2003年「座頭市」
  • 2003年「赤目四十八瀧心中未遂」
  • 2005年「空中庭園」
  • 2005年「春の雪」
  • 2008年「ジャージの二人」
  • 2010年「人間失格」
  • 2011年「大鹿村騒動記」

テレビドラマ

  • 1971年「徳川おんな絵巻」・・・千鶴役
  • 1972年「木枯らし紋次郎」・・・お小夜役
  • 1973年「アイフル大作戦」
  • 1973年「必殺仕置人」・・・ぬい役
  • 1973年「水戸黄門」・・・七重役
  • 1973年「剣客商売」
  • 1973年「荒野の用心棒」・・・お蝶役
  • 1973年「風の中のあいつ」・・・おりは役
  • 1974年「大江戸捜査網」・・・隠密同心・くれないお蝶役
  • 1974年「伝七捕物帳」・・・お葉役
  • 1974年「寺内貫太郎一家」・・・直子役
  • 1974年「時間ですよ・昭和元年」
  • 1975年「悪魔のようなあいつ」
  • 1975年「ばあちゃんの星」
  • 1976年「必殺仕業人」・・・お未央の方役
  • 1976年「人魚亭異聞 無法街の素浪人」・・・お蝶役
  • 1976年「俺たちの旅」・・・ともこ役
  • 1976年「夫婦旅日記 さらば浪人」
  • 1976年「太陽にほえろ!」
  • 1977年「河内まんだら」
  • 1978年「鎌田敏夫シリーズ 十字路」
  • 1979年「冬の虹」
  • 1980年「蒼き狼 成吉思汗の生涯」
  • 1981年「滋賀銀行九億円横領事件 女の決算」
  • 1987年「女賢治・霞夕子4 美しき容疑者」
  • 1989年「LUCKY・天使、都へ行く」
  • 1991年「金曜日の食卓」
  • 1991年「あしたがあるから」
  • 1998年「味な女たち」
  • 1998年「タブロイド」
  • 2001年「ロケットボーイ」

舞台

  • 北島三郎特別公演「北海の親子星」

音楽活動

シングル

  • 1967年「若い時計台」・・・太田博之とのデュエット。

受賞歴

日本アカデミー賞

  • 1980年 最優秀助演女優賞「ツィゴイネルワイゼン」
  • 2000年 優秀助演女優賞「顔」
  • 2003年 優秀助演女優賞「座頭市」
  • 2005年 優秀助演女優賞「春の雪」

キネマ旬報賞

  • 1980年 助演女優賞「ツィゴイネルワイゼン」
  • 1998年 助演女優賞「愚か者 傷だらけの天使」
  • 2000年 助演女優賞「顔」
  • 2003年 助演女優賞「赤目四十八瀧心中未遂」「座頭市」

毎日映画コンクール

  • 2003年 女優助演賞「赤目四十八瀧心中未遂」
  • 2011年 田中絹代賞

ブルーリボン賞

  • 2003年 助演女優賞「赤目四十八瀧心中未遂」「座頭市」

その他

  • 1996年 エランドール新人賞
  • 2000年 第15回 高崎映画祭 助演女優賞「顔」
  • 2000年 第13回 日刊スポーツ映画大賞 助演女優賞「顔」

謎の隣人・遠山さん

映画「ジャージの二人」はそのほとんどが親子二人の会話で成り立っていますが、たまにスパイスとして加わってくる謎の隣人・遠山さんが曲者で、そこがまた映画を面白くしていました。遠山さんはいわゆる「不思議ちゃん」がそのまま大人になったような雰囲気の人で、親子の関係をちょっと揺すってくるのが面白かったです。その遠山さんを演じられたのは、数多くの賞を受賞している大楠さんだからこそだと思います。あの独特の雰囲気は出そうと思って出せるものではないなと感じました。さすが個性派女優ともいうべき演技で、でも演技している感を全く観客に与えないのがすごいところだと思います。遠山さんがいなければ「ジャージの二人」はただのゆるいだけの映画に成り下がっていたと言っても過言ではないのではないでしょうか。ぬるま湯にピリッと効いた入浴剤のような、存在感のある演技でした。

おすすめ映画館
引越し 見積もり 100社へ引越し見積もりからのお見積りはすべて無料ですので、お気軽にご利用下さい!あなたにあった業者さんを見つけて、快適にお引越ししましょう!
大好き!邦画特集
本気で結婚したい人の味方!ブライダル(結婚相談 大阪 http://www.bridal-vip.co.jp/)はあなたをフルサポートする専任コーディネーター制を採用して担当者が一貫してお世話にあたっております。
広島市東区で駐車場2台分4SLDK2,680万円の新築売戸建住宅!広島市内の不動産物件情報|竹コーポレーション(株)江波/広島電鉄江波線でバス1坪以上の新築売戸建住宅が4SLDK3,130万円!他にもおすすめ物件もりだくさん!