鮎川誠

鮎川誠は、ロックバンド「シーナ&ザ・ロケッツ」のリーダーを務めるギタリストです。1970年代に福岡市を中心に勃興した、いわゆるめんたいロックの草分け的存在です。俳優としても活動しており、映画「ジャージの二人」では父親役を好演しました。黒縁眼鏡がトレードマークです。

映画が観たい!

プロフィール

1948年5月2日生まれ。福岡県久留米市出身。アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれました。父はアメリカ軍の軍人でしたが、父が転任する際に母親は息子と共に日本に残ることを決めたため、離れ離れになりました。鮎川はローマ字を覚えて手紙を書き、父もローマ字で書いた日本語の手紙を書くなどして連絡を取り合っていましたが、鮎川が中学生の時に父が亡くなったことを伝えられます。父が家に残したフランク・シナトラやビング・クロスビーのレコードが鮎川にとってアメリカとの最初の出会いだったため、彼は後年「僕らのロックへの思いって、個人的なイマジネーションの問題なんですよ」と語っています。音楽を始めたのは小学校5年生の時で、誕生日プレゼントとして母からガットギターを贈られたことがきっかけでした。小学校高学年から久留米の「小川レコード店」に入り浸り、レコードの視聴に明け暮れていました。中学生になると、ロックの他、野球やバイク、プラモデル、山歩き、魚釣りなどに熱中し始めます。中学3年生の時にビートルズを知り、高校受験勉強中のFENでビートルズの音楽に触れます。1964年、久留米の名門である福岡県立明善高等学校に入学。高校在学中には部室にレコードプレーヤーがあるというだけの理由で新聞部に入ります。部室には友人のギターやアンプを持ち込んで、「ジェニ・ジェニ」や「ルシール」「カンサス・シティ」などを練習していたそうです。1965年の冬、修学旅行に行く代わりに、その費用を払い戻して友人からエレクトリックギターを4500円で購入しました。1966年、ビートルズ武道館公演に刺激されてアマチュアバンド「ザ・スランパーズ」を結成します。ローリング・ストーンズやビートルズ。ヤードバーズをコピーし、久留米で一度だけライブを開きます。バンド活動を親に反対されますが、九州大学への進学を条件に許され、同大学の経済学部を受験しますがロックに熱中しすぎたために失敗してしまいます。大学入学後のバンド活動を目標に予備校で一年間勉強し、1968年九州大学の農学部に合格。同時期、浪人時代に知り合ったバンド「ジ・アタック」に加入します。奨学金をもらって大学に通いつつ、福岡市内のダンスホールで専属バンドとして活動する生活を送ります。音楽活動の傍ら、生活のためにモデルの仕事をしていた時期もありました。1970年にはジ・アタックのギタリストだった篠山哲雄や、バンド活動を通して知り合った柴山俊之らと共に「サンハウス」を結成します。1974年に大学を卒業し、同年、郡山ワンステップ・フェスティバルにてジョン・レノンのプラスティック・オノ・バンドと共演を果たします。1975年にメジャーデビューし、リードギタリスト兼作曲家として、バンドの顔を務めるようになります。1978年にバンドは解散しますが、妻シーナの父に励まされて夫婦で状況し、シーナ&ザ・ロケッツを結成します。同年エルヴィス・コステロの来日公演のオープニング・アクトを務め、この時にYMOの高橋幸宏から注目され、YMOのライブ・セッションに参加するようになります。1980年にはYMOのツアーに参加し、ゲストでギターとして、神戸、福岡と武道館のステージに立ちました。その後、数々の大手CM、映画、テレビドラマに出演。渋谷エフエムにてBLUESVILL SHIBUYAのラジオ・パーソナリティーをシーナと共に2001年から2013年までの12年間務めた他、「MONO」「ローリング・ストーンズが大好きな僕たち」「DOS/Vブルース」など、執筆した著作も多くあります。2013年でシーナ&ザ・ロケッツは結成35周年を迎えましたが、1978年の結成当初からバンド活動には一切のブランクがなく、日々積極的に全国各地でライブ・ツアーを行っています。

人物

長身と黒いサングラス・黒縁眼鏡、コテコテの九州弁、30年以上も使用しているギブソン・レスポール・カスタムがトレードマークとなっています。1978年に上京して以来ずっと世田谷区に住んでいます。長女はモデルの鮎川陽子、次女の鮎川純子(陽子とは双子)と三女の鮎川知慧子はロックバンドのDARKSIDE MIRRORSとして活動しています。俳優としてテレビドラマや映画にも多く出演しており、主な出演テレビドラマにはNHK連続テレビ小説の「ちゅらさん」、TBSの「いつも心に太陽を」、フジテレビの「愛情物語」などがあります。単独またはシーナや鮎川陽子との共演でCMにも多数出演しています。特に九州ローカルのCMが多く、コンビニエンスストア「ポプラ」や焼酎の「三楽」「黒霧島」などのCMに登場しています。全国向けでもサントリー「角瓶」や日清食品「博多んもんらーめん」、大塚製薬「ポカリスエット」、パルコ、ユニクロなど著名企業のCMへの出演も多いです。音楽ではトラディショナルなロックやルーツ・ミュージックに造詣が深く、自身もそうした音楽からの影響を色濃く反映したロックサウンドを長年プレイし続けています。

ディスコグラフィー

1981年「クール・ソロ」
1993年「LONDON SESSION」
1993年「LONDON SESSION#2」
2007年「キングスネーク・ハイウェイ 鮎川誠 Early Works1975-1979」

著書

1984年「Mono」
1992年「ローリング・ストーンズが大好きな僕たち」・・・山川健一と共著
1996年「DOS/V BLUES」
2005年「200CDロックンロール」
2006年「’60sロック自伝」

映画出演

1986年「ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け」・・・佐々木小次郎役
1996年「チンピラ」
2006年「ユモレスク 逆さまの蝶」
2007年「ワルボロ」
2008年「ジャージの二人」・・・父親役
2012年「逆転裁判」
2012年「ラーメン侍」

CM出演

フジテレビ
大塚製薬 ポカリスエット「青いままでいこう」「鮎川誠邸篇」
日清食品「博多んもんラーメン」
ポプラ「コンビニはポプラやね」
Panasonic「ミデオ」
サントリー「角瓶」
岩田屋「ファミリーダンシング」
黒霧島「ロックだぜ」
久光製薬「サロンパス内服液」
ロート製薬「ロートZi」
学生援護会「職業選択の自由アハハン」
BIG JOHN「男は女からうまれた」
その他多数

日本のロックを牽引する人物

シーナ&ザ・ロケッツの名前は、音楽に興味がないひとでも聞いたことがあるほど有名です。私も彼らの音楽は聞いたことがないですが、名前だけは知っています。鮎川さんがシーナ&ザ・ロケッツの人だというのは「ジャージの二人」を観た後に知りました。このまるで素人のような、でもなんだか味のある演技をする役者さんはいったい誰なのだろうと興味が湧き、調べたのがきっかけでした。ミュージシャンだとしり、その不思議な風貌や雰囲気にも妙に納得しました。「ジャージの二人」では、お世辞にもうまいとはいい難い演技でしたが、なぜか共感できるというか、安心するような、人柄が分かる演技が印象に残っています。共演者の堺雅人さんとは本当に親子のようでした。
おすすめ映画館