監督・中村義洋

映画「ポテチ」で監督兼中村親分役を務めた中村義洋は、映画監督、脚本家、ナレーターとして活躍している人物です。これまで多くの伊坂幸太郎作品を映画化しており、今もっとも将来性のある映画監督とも言われています。「ポテチ」で主演んした濱田岳とはこれまで5回タッグを組んでおり、彼の個性を引き出した人物としても知られています。

映画が観たい!
引越し業者の選定は無駄なコストを抑えるのみならず、気持ちよく引越しを行う上でも大切です。半田市 土地 中古住宅 | 株式会社 花園不動産物件情報から引越の豆知識までおまかせください!

プロフィール

1970年8月25日生まれ。茨城県出身。成城大学文芸学部芸術学科卒業。大学在学中から映画研究部に所属し、8㎜映画製作を始めます。在学中に製作した「五月雨厨房」が1993年の「ぴあフィルムフェスティバル」で準グランプリを受賞しました。大学卒業後は、崔洋一、平山秀幸、伊丹十三らの作品に助監督として参加します。1999年に自主製作作品「ローカルニュース」で監督デビューを果たします。同年よりブロードウェイがシリーズ化している「ほんとうにあった!呪いのビデオ」シリーズでは多くで監修、構成、演出を務め、また現在に至るまで同作品のナレーションも務めています。「ローカルニュース」の後しばらくは、脚本家として活動しており、2000年「人間の屑」、2002年「仄暗い水の底から」、2003年「クイール」など多くの作品に携わりました。2004年には、脚本家の鈴木謙一と構成作家の細川徹と共に映像コントユニット「小鳩の会」を結成しました。鈴木謙一とは大学時代からの仲であり、中村が先輩にあたります。鈴木は在学中に中村の映画製作に感銘を受け、卒業後も自主製作映画に携わり、「ローカルニュース」では撮影を担当しました。2005年頃から監督業が中心となり始め、「@ベイビーメール」「あそこの席」「ルート225」などを監督します。2007年に監督した伊坂幸太郎原作の「アヒルと鴨のコインロッカー」が注目を浴び、以降は「フィッシュストーリー」「ゴールデンスランバー」など伊坂作品の映画化を手がけます。同年には日本映画製作者協会による、もっとも将来性のある新人監督に与えられる「新藤兼人賞・金賞」を受賞しました。そのほかにも海堂尊原作の「チーム・バチスタシリーズ」や、荒木源原作の「ちょんまげぷりん」といった小説の映画化で手腕を発揮しています。

監督作品

映画

  • 1999年「ローカルニュース」
  • 2004年「日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場『私の赤ちゃん』」
  • 2005年「絶対恐怖 Booth ブース」
  • 2005年「@ベイビーメール」
  • 2005年「あそこの席」
  • 2006年「ルート225」
  • 2006年「アヒルと鴨のコインロッカー」
  • 2008年「チーム・バチスタの栄光」
  • 2008年「ジャージの二人」
  • 2009年「フィッシュストーリー」
  • 2009年「ジェネラル・ルージュの凱旋」
  • 2010年「ゴールデンスランバー」
  • 2010年「ちょんまげぷりん」
  • 2011年「映画 怪物くん」
  • 2012年「ポテチ」
  • 2012年「みなさん、さようなら」
  • 2013年「奇跡のリンゴ」
  • 2013年「ナゾトキネマ マダム・マーマレードの異常な謎 出題編/解答編」
  • 2014年「白ゆき姫殺人事件」

テレビ

  • 2004年「日本の怖い夜『くも女』」
  • 2012年「イロドリヒムラ『張り込み』」

加作品

脚本・脚色

  • 2000年「人間の屑」
  • 2001年「世にも奇妙な物語 SPAMの特別編」・・・脚本協力
  • 2001年「仄暗い水の底から」
  • 2001年「ラストシーン」
  • 2002年「恋に唄えば♪」
  • 2002年「刑務所の中」
  • 2003年「クイール」

演出・構成

  • 1991年~2001年「ほんとにあった!呪いのビデオ」

ナレーション

  • 1999年~2001年「ほんとにあった!呪いのビデオ」

出演

  • 2004年「青い車」
  • 2007年「赤い文化住宅の初子」
  • 2010年「ゴールデンスランバー」
  • 2012年「ポテチ」

味付け上手な監督

中村義洋監督は、小説の映画化に定評のある監督です。私は原作を先に読んでから映画を観る派なのですが、その理由は大抵原作の方が面白くて映画化はおまけみたいなものだと思っているからです。映画は長くても3時間と尺が決まっているため、小説を映画化しようと思うとどうしても薄っぺらくなってしまいがちです。原作のあのシーンが好きだったのにカットされている、登場人物の性格が原作と違うなど、仕方がないことだとは思うのですがちょっと残念になることも多々あります。ですが、中村監督の場合は、原作を上手に味付けして映画独自の世界を作り上げるのがとても上手なので、そういったことがほとんどおこりません。中村監督の映画は、原作の雰囲気を壊さず、なおかつ映画の独特の要素も入れて、きちんと原作を敬ったつくりになっているというのがポイントです。これをどうやって映像にするんだというような難しい話でも、ごく自然にさらりと映画にしてしまう人なのです。その裏には大変な努力と苦悩があったと思います。「アヒルと鴨のコインロッカー」を観たときは本当に感動しました。脚本、演出、キャスティング、音楽、どれをとっても凄い監督だと思います。次回作は湊かなえ原作のサスペンスということで、ホラー作品を多く手掛けてきた監督でもあるため、とても期待しています。公開が待ち遠しいです。