空き巣をするよりも低リスクで稼げる。今村もオンラインカジノをしていたら人生が違ったはず

映画「ポテチ」の主人公、今村の空き巣家業は儲かるのか?

空き巣は犯罪です。
しかし、とりあえずそのことを無視して、空き巣自体が儲かるのか、それ自体に焦点を当てて考えると少し興味がわきませんか?
この記事では、空き巣を色んなリスクとリターンで考察して、本当に儲かるのかを検討してみます。

ギャンブルと同じく、期待リターンとリスクで考えてみる

ギャンブルは、一般的に投入した資本に対する期待リターンとリスクで、乗る勝負が「割に合うのか」どうかを計算できます。
たとえば、コインの表裏で勝敗が決まるゲームがあるとしましょう。
表が出ると2万円をゲット、裏が出ると1万円を失うと設定した場合、裏表が出る確率は各50%であるにも関わらず、表が出る場合の利益額が裏が出た場合の損失額の2倍あるため、この勝負は長期で見ると勝てるギャンブルと言えます。
一方、表が出ると1万円ゲット、裏が出ると2万円を失う場合、上記のまったく逆になるため、長期的には負ける可能性が高く、プレイすべきゲームではなくなります。

期待リターン

空き巣に入ったときの期待リターンはどのくらいでしょうか?
入る家や施設によりますが、映画「ポテチ」で入るような個人の家の場合、一般的な家に入るより、一般的に金持ちの家に入った時の方が期待リターンは高くなります。
これらは事実上青天井で、極端な話、たとえば劇中でも空き巣に入ったようなプロ野球選手の家に忍び込めば、一晩で億万長者になることも不可能ではありません。

リスク

空き巣は犯罪なので、当然さまざまなリスクがあります。
まずは、逮捕リスクです。
家主や警察に見つかったり、セキュリティシステムが作動して捕まったりといったことが考えられます。
また、入った後に証拠を残してしまって、それで足が付いてしまうこともあります。
空き巣は、被害額や期間にもよりますが、 住居侵入罪の法定刑は「3年以下の懲役又は10万円以下の罰金」、窃盗罪の法定刑は「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」とある上、民事裁判にかけられる可能性もありますので、決して代償は小さくありません。
仮に10年の懲役が下された場合、人生の短くない期間を刑務所で過ごす羽目になります。
また、逮捕リスク以外に、「家に入ったが、何も盗む物がない」というリスクもあります。
この場合、当然できるだけ早く家から出るべきですが、どこまで家の中を調べた上で逃げるべきか、という判断を下す必要があります。

経費(≒控除率)

盗みを働くには、当然ながら特殊な機材が必要になります。
そして、できるだけ軽い装備で侵入する必要があるため、必然的に経費は高くなります。
ギャンブルでたとえるなら、侵入するたびにかかるお金となりますので、控除率と考えることができるでしょう。
(当然良くないことですが)ある意味「盗みのプロ」になればなるほど、この費用は高くなると想定できます。

空き巣より期待リターンが高いのはオンラインカジノ

さて、上記のことを考えると、正直ほとんどのパターンでは割に合いません。
期待リターンが平均してそこまで高くない上(昔のように家に金庫や高級なものを置く家庭は少なくなっています)、金持ちの家になればなるほどセキュリティが高くなり、逮捕リスクが上がるからです。
それでも空き巣が存在しているのは、社会復帰できない人や社会的な生活が送れない人がそれしかできないから仕方なくやっているというパターンも多いからです。
しかし、このような人でも、空き巣より期待リターンが高く、少なくとも違法ではない金を稼ぐ方法としてオンラインカジノがあります。
下記では、オンラインカジノがおすすめの方法を説明します。

低い控除率

オンラインカジノは、一般的に控除率が5%以下と非常に低く、勝てる確率が高くなっています。
この数字は他のギャンブルよりも優秀で、今あるギャンブルの中ではトップクラスに勝てる仕組みとなっています。
上記の空き巣のように、「入っても何もない」といったようなリスクはありません。

いつでもどこでもできる

パソコンかスマホがあり、インターネットに接続できていればプレイが可能です。
つまり、スマホを持っていて、インターネットプロバイダ、もしくは回線プロバイダと契約さえしていれば、いつでもどこでもプレイ可能です。
空き巣のように、毎回わざわざ侵入時間を考えたりする必要はありません。

プレイ時に無料でボーナスがもらえる

オンラインカジノのサービスプロバイダには、初回プレイ時に入金しなくて良い場合があります。

というのは、プラットフォームが初回登録時にいくらかの金額をサービスしてくれるからです。

登録するとオンラインカジノを数十ドル分、無料でプレイできるため、大変お得です (詳しくはこちらをご覧ください)。

とはいえ、今村が空き巣をしていなければストーリーは始まらない

と、このように「空き巣よりオンラインカジノの方が割が良い」という話をしましたが、映画「ポテチ」は主人公の今村がとある家に空き巣に入り、留守番電話を偶然聞くことでストーリーが始まります。
オンラインカジノだと1人でプレイすることが多いので、このような出会いはありません(もっとも、空き巣中の「出会い」はたいてい良くない展開になるのですが)。
空き巣をされている方は、ぜひこの映画を見て感動したら、ついでに足を洗って、代わりにオンラインカジノを始めてみてはいかがでしょうか?