空き巣をするよりも低リスクで稼げる。今村もオンラインカジノをしていたら人生が違ったはず

映画「ポテチ」の主人公、今村の空き巣家業は儲かるのか? 空き巣は犯罪です。 しかし、とりあえずそのことを無視して、空き巣自体が儲かるのか、それ自体に焦点を当てて考えると少し興味がわきませんか? この記事では、空き巣を色んなリスクとリターンで考察して、本当に儲かるのかを検討してみます。 ギャンブルと同じく、期待リターンとリスクで考えてみる ギャンブルは、一般的に投入した資本に対する期待リターンとリスクで、乗る勝負が「割に合うのか」どうかを計算できます。 たとえば、コインの表裏で勝敗が決まるゲームがあるとしましょう。 表が出ると2万円をゲット、裏が出ると1万円を失うと設定した場合、裏表が出る確率は各50%であるにも関わらず、表が出る場合の利益額が裏が出た場合の損失額の2倍あるため、この勝負は長期で見ると勝てるギャンブルと言えます。 一方、表が出ると1万円ゲット、裏が出ると2万円を失う場合、上記のまったく逆になるため、長期的には負ける可能性が高く、プレイすべきゲームではなくなります。 期待リターン 空き巣に入ったときの期待リターンはどのくらいでしょうか? 入る家や施設によりますが、映画「ポテチ」で入るような個人の家の場合、一般的な家に入るより、一般的に金持ちの家に入った時の方が期待リターンは高くなります。 これらは事実上青天井で、極端な話、たとえば劇中でも空き巣に入ったようなプロ野球選手の家に忍び込めば、一晩で億万長者になることも不可能ではありません。 リスク 空き巣は犯罪なので、当然さまざまなリスクがあります。 まずは、逮捕リスクです。 家主や警察に見つかったり、セキュリティシステムが作動して捕まったりといったことが考えられます。 また、入った後に証拠を残してしまって、それで足が付いてしまうこともあります。 空き巣は、被害額や期間にもよりますが、 住居侵入罪の法定刑は「3年以下の懲役又は10万円以下の罰金」、窃盗罪の法定刑は「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金」とある上、民事裁判にかけられる可能性もありますので、決して代償は小さくありません。…

Continue Reading →

オンラインカジノで勝つために。映画『ポテチ』のストーリーから学ぶその秘訣

伊坂幸太郎原作映画『ポテチ』は2012年に公開された中村義洋監督によるヒューマンドラマです。中村監督はそれ以前にも「アヒルと鴨のコインロッカー」と「ゴールデンスランバー」という伊坂幸太郎作品を映画化しており、この二人がタッグを組んでいるというだけでも期待ができる映画です。ストーリーは、伊坂幸太郎ワールド全開の奇妙でありながらも、ハートフルな物語。主人公の青年今村は平凡ながらも空き巣を稼業にしています。今村を中心に交錯する人々の数奇な運命と複雑ながらも暖かい人間模様が丁寧なタッチで紡がれます。キャスティングは非常に見事。「ロボジー」出演の濱田岳。取り巻く共演者は木村文乃と大森南朋、そして石田えりです。   物語の始まりは主人公の青年、今村とそのパートナー大西若葉がマンションの一室に忍び込むところからです。それと知らず空き巣に入った先はプロ野球のスター選手尾崎の自宅。今村は偶然にも尾崎の大ファンであり、尾崎の話となるとつい熱が入ってしまいます。二人が尾崎の部屋を物色していると、若い女性が尾崎に助けを求める電話が入り、今村はそれを放っておけず女性を助けに向かってしまう、というのが物語の始まりです。そこから繊細に紡がれたストーリーが展開していき、後半は涙なしには見られない、怒涛の展開へと続いていきます。   空き巣稼業も努力のたまもの。オンラインカジノで勝つためにも努力は必須   独創的なストーリーと、個性的な俳優陣の魅力的な演技のおかげで、漠然と見ていても楽しませてもらえる映画『ポテチ』ですが、主人公今村とそれを取り巻く、空き巣を生業とする人々の生きざまを見ていると感銘を受けるシーンが多々あります。特に、管理人は現在オンラインカジノに夢中になっており毎日のように勝たせてもらっています。その中で特に感じるのは、オンラインカジノで勝つためにも努力が大切ということです。ただ漠然とカジノゲームをプレイして、運任せで勝つのではなく、ギャンブルについて学び、確率について学んだことにより、勝率はかなりあがったように思います。特にギャンブル還元率について学ぶことは非常に重要だと考えます。管理人がギャンブル還元率について学んだサイトは6宝くじです。オンラインカジノに関する情報が豊富で、とても丁寧にギャンブル還元率についても説明がされています。ビギナーの方が読んでもとてもわかりやすいかと思います。このページを読むこと自体はそこまで時間がかかるわけでもなく、書かれていることを理解するためにもさほど高度な知能が必要なわけでもありません。ただ、少しの時間を割いて勉強をするか、しないか。違いはたったそれだけで、その後の人生におけるオンラインカジノでの勝率は全く変わってくることでしょう。 『ポテチ』の主人公今村やそのほかの登場人物たちも、空き巣のスキルを習得するためには相当の努力を要したはずです。視聴者からすると非現実的で反社会的な空き巣という行為ではありますが、当の今村たちはそれは真剣にその生業と向き合い、失敗と努力を重ね、生きてきたに違いありません。その様を想像すると、何をするにしても継続的かつ真剣に努力をして物事と向き合うことはとても大事だと思わざるを得ません。 この映画を見てからというもの、管理人のギャンブル熱は上がり、勉強時間は増えていき、それにあわて勝率もうなぎのぼりとなっています。大人になると勉強を辞めてしまう人は多くいます。多忙な日常におしながされ、自分を高める時間をとることが難しいことは大人なら誰でも容易に想像できると思います。ですが、だからこそ、そこで歩みを止めず、学びを継続することで10年後、20年後に他人と比べて大きな差ができるのです。みなさんがこの先の人生何をするにしても、この映画から学ぶことは多くあるでしょう。

Continue Reading →

映画「ポテチ」の今村はCasinoSecretトでプレイしたら勝てるかな?

映画「ポテチ」は伊坂幸太郎さん原作の短編ストーリーです。濱田岳さん演じる「今村」が、空き巣に入った家である留守番電話を確認してしまい、そこから奇妙な物語が展開する……という構成です。 今村は犯罪者ですから、もちろん善人とは言えないでしょう。しかし、妙な優しさも併せ持っている変人です。 そんな今村はインターネットギャンブルのカジノシークレットをプレイしたら勝つことができるのでしょうか。ちなみに、今村は犯罪者ですが、カジノシークレットは完全に合法のオンラインカジノであり違法性は一切ないので皆さんもぜひプレイしてみてください。 今村には空き巣に入るような妙な度胸があるので、まず「負けるのが怖くてカジノシークレットに登録できない」ということにはならないはずです。あっさり会員登録をしてすぐにカジノゲームを始めるはずです。 ちなみに、初回入金ボーナスもあるので、今村はまずそれでカジノゲームをプレイすることになるかもしれません。初回入金ボーナスはマックスで70$ですから、今村の空き巣での稼ぎに比べると少ないかもしれませんが、一勝負するには十分だと思います。 今村は空き巣であり、度胸はありますが慎重に行動する傾向にあります。 ですから「オンラインスロット」など、運任せになるカジノゲームは好まないことでしょう。(オンラインスロットをプレイしたがりそうなのは、作中に出てくる大雑把な性格をした尾崎だと思います。) 今村の場合は、オンラインスロットよりも「実力」で勝負が決まるオンラインブラックジャックを好むはずです。オンラインブラックジャックに関しては「最適行動」が全てのパターンに対して決まっていますが、今村であればそれを覚える労力をいとわないはずです。 そして今村の場合、カジノシークレットで勝てるかどうかは「初動」で決まりそうな気がします。もしオンラインブラックジャックで勝ったのであれば、「もう勝ったのだからやめておこう」という気持ちになりそうですし、負けたら負けたで「やっぱりインターネットギャンブルなんてするもんじゃない」と思ってプレイをやめそうです。 ただ、尾崎であれば勝ったのであれば「もっと勝てる!」と思ってカジノシークレットをプレイし続けそうですし、負けたら「じゃあ次は勝てる!」と考えてやっぱり勝負を続けそうです。   みなさんも映画「ポテチ」にならって、ポテトチップスを食べながら気楽にカジノシークレットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Continue Reading →